So-net無料ブログ作成
検索選択
桜沢里真先生 ブログトップ

桜沢里真先生と「パンオサワ」 [桜沢里真先生]

東北地方太平洋沖地震により
被災された皆様に対しまして、
心よりお見舞い申し上げます。

 [かわいい]桜沢里真先生と「パンオサワ」[かわいい][かわいい][かわいい]


満開だった桜が、そろそろ散り始めています。[るんるん]

また、季節が、移ろっていきますね。[るんるん]

これも、「自然の法則」なんですね・・・。[るんるん]


4月9日に開催いたしましたMACROBIOTIC  COOKING  in 中板橋 vol.7 」

[レストラン] SPRING  LUNCH [レストラン]で実習いたしました「桜のパンオサワ」が、

なかなかの好評でした。


      画像-0886.jpg


「パンオサワ」は、マクロビオティックの創始者「桜沢如一先生」が、

命名された、主食にもなる無発酵パンのことです。[るんるん][るんるん][るんるん]

イ-ストも酵母も使わず、粉の甘さを感じることができる、

                 とてもシンプルなパンです。[レストラン]


MACROBIOTIC  COOKING  in 中板橋 vol.7 」に、ご参加の皆さんからは、


「フライパンで、

   こんなに素朴で美味しいパンができるのですね[exclamation]


と、マクロビオティック料理の真髄をついた、ご感想をいただきました。[るんるん][るんるん][るんるん]

嬉しいことです。[るんるん][るんるん][るんるん]


実は、私には、「パンオサワ」に、密かな思い出があるんです・・・[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

「桜沢里真先生」と、運命的な出会いを果たしました。[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


「桜沢里真先生」は、「桜沢如一先生」の奥様で、その生涯を、

人々に「夢」「勇気」を与えるためにと、

「マクロビオティック料理」の普及に捧げられた方です。[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


その優美なお姿に魅了されながら、私が、初めての初級試作会で作ったのは、

    [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]「パンオサワ」[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

      IMG_NEW_NEW.jpg 
          1987年7月19日試作会にて

この当時は、オ-ブンで、焼いています。[レストラン]

粉も、完全粉、そば粉、地粉、きび粉と、

      かなり陽性な仕上がりになっています。[レストラン]


「桜沢里真先生」から、いただいたコメントは・・・[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


    [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]「よく焼けて、香ばしいです。[レストラン][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


             今でも、胸にキュンと残っていますよ。[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]



「桜のパンオサワ」を、とても喜んで下さったこと、

「桜沢里真先生」は、やさしく微笑んで下さっていると思います。[るんるん][るんるん][るんるん]

          
      画像-0925.jpg 




今日は、おやつに、「りんごのパンオサワ」を、

                 オ-ブンで焼いてみました。[レストラン]

うららかな午後、

     「三年番茶」と一緒に、いただきました。[レストラン]



     画像-0917.jpg



              クロビオティック料理家

                 えのもと ゆきえ

                    
             にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧 にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

nice!(150)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

「桜沢里真先生」を想い、春の食卓を・・・ [桜沢里真先生]


 東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
 被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。  

 [かわいい]「桜沢里真先生」を想い、春の食卓を・・・[かわいい][かわいい][かわいい]


桜沢里真先生」が遺された、「リマクッキング」日本CI協会発行 は、

「マクロビオティック料理」を目指す私たちにとっての、「永遠のバイブル」です。


   リマ(本).jpg


「里真先生」から、私が、教えていただいた「胡麻豆腐」は、白胡麻を、洗うところから

始まりました。

丁寧に、浄水で洗い、晒しの布巾で、水気を切り、熱が、均等に行き渡るように、

少しずつ、香ばしく、白胡麻を炒りました。そして、すり鉢で、よく擦ると、さらに、

白胡麻の香りが、心地よく漂ってきました。


桜沢里真先生」といえば、人々に「夢」「勇気」を与えて下さった

「マクロビオティック料理の創始者」です。

平成11年に、100歳でご逝去された「里真先生」は、とてもお美しい方で、その「優美」

お姿を、私は、決して忘れることができません。



チェロキ-料理教室 vol.17 では、「胡麻豆腐」には、白胡麻ペ-ストを使います。

本葛粉と合わせ、とろ火で、40分くらい、「心を込めて」「無心に」練り上げます。


お料理を創るときに、「心を込める」ということは、いつの時代でも、同じことですね。

私は、この「心を込める」ことこそ、「マクロビオティック料理の真髄」だと、

思っています。


さて、「胡麻豆腐」といえば、精進料理に欠かせない一品ですが、「白胡麻」と

「本葛粉」で、創る「胡麻豆腐」は、濃厚で、もっちり・・・

本物の素材を、こんなに、手間ひまをかけると、味は格別ですね!


   スライド1.jpg


今は、「不安な時」だからこそ、私は、「里真先生」のご遺志を継ぎ、

ひとりでも、多くの皆様に、「夢」「勇気」を与えることができるよう、

努めていきたいと思います。

そして、そうした日々の積み重ねが、限りなく、「平和への道」へと、繋がっていく

ことを、信じます。

「里真先生」が、そんな私たちを、どこかで、温かく、見守って下さっているような気が、

「今」だからこそ、しております。



      110320_134750.jpg



    そんな、「里真先生」への想いを込めて、

      3月27日(日)のチェロキ-料理教室 vol.17 は、

         通常通り、開催させていただくことにいたしました。

      皆様のお越しを、心より、お待ちしております。




すべての人々の、健康と幸福を祈って・・・・



              リマクッキングスクール認定インストラクター

                              
えのもと ゆきえ

                                                      
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
 
                                                         にほんブログ村[グッド(上向き矢印)]


nice!(47)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
桜沢里真先生 ブログトップ